ホームページ制作

SEO対策(検索エンジン対策)

全日本SEO協会認定 SEOコンサルタントによる
SEO対策をしてみませんか?

SEO(検索エンジン最適化)とは?
GoogleやYahoo!の検索結果の上位にホームページを表示させるために、
検索エンジンの性質を把握して、それに"最適な"状況を作り上げていくことです。
「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」と訳されることも多いです。

効果の出る検索順位は、1ページ目まで?

Webの世界では、毎日ものすごい勢いでページが増殖しており、
本当の有効な情報を得ることが難しい時代になってきています。
そのような中で、Googleでも本当に有益な情報を上位表示することに、
さまざまな研究が行われ、検索結果に表示する情報の精度を日々進化させています。

そのおかげで、GoogleやYahoo!の検索結果を見ると、
ほとんどの場合、1ページ目の1~10番目までのサイトを見れば、
有益な情報が手に入りやすくなっています。

1ページ目まで閲覧する人が80%、2~3ページまでが20%、
そのあとはほとんど見ておらず、キーワードを入れ直したり、
満足のいく情報にたどり着いたりしています。
つまり、1ページまでに入ることが、効果が上げるには必須と考えられます。

なにをしたら順位は上がる?

1.目標のキーワードを選定する

目標とするキーワード、類似するキーワード、サブキーワードなどを組み合わせ、
リストアップし、難易度・重要度を図ります。
意外とニーズのあるキーワードに気づいていない場合も多くありますので、
ここでの分析は非常に重要です。

2.ページ構成・コンテンツを検討し、最適な造りにする。(内部対策)

1キーワード(テーマ)=1ページを原則に構築することで、
該当のキーワード(テーマ)で有効な情報が掲載されているページであるということになります。
また、検索エンジンは、ホームページの造りを、厳格に判断していますので、
やりすぎてスパム行為にならない程度に、適切な造り方をする必要があります。

3.外部からのリンクを適切に増加させる。(外部対策)

「リンクをたくさん受けるサイト」=「人気のあるサイト」として、
検索エンジンは判断し、上位表示させます。
昨今、外部からのリンクは、「量」だけでは、ほとんど無意味なものになってきています。
意味のあるサイトから、意味のあるリンク・・・「質」のいいものを重要視されてきています。
一見どのように「質」のいいリンクを増やしたらいいものか見当もつきませんが、
さまざまな手法で増やしていくことができます。

4.キーワード順位、アクセス解析を行い、調査・分析・改善を繰り返す。

SEO対策は、1回で終わりではありません。
上記のような効果的と思われる施策をしてきても、
本当に結果が出ているか、検証する必要があります。
定期的にキーワードの検索順位を計測し、
ホームページへの流入も目標キーワードできているかチェックします。
うまくいっていない場合は、改善を行い、また調査・分析を繰り返し、
SEOに強いホームページ運営を行っていきます。

大事なポイント

たとえ上位表示ができたとしても、
競合サイトの動向や検索エンジンの仕組み(アルゴリズム)で、
順位は変動し、下がることもあります。
定期的にチェックをし、改善が必要なのは、このためです。
しかし、キーワードを多く入れたり、リンクをむやみに増やすような小手先のSEO対策は、
今はまったく通用しない時代になっています。
Googleは「SEO対策の対策」を、ものすごい勢いで進化させています。
それは「有益なホームページ」を、検索の上位に上げたいからです。
つまり、「有益な情報を流すホームページ」を常に充実させていくことが、
本当のSEO対策につながると言えるでしょう。