ホームページ制作

成約に結びつけたい(LPO対策)

訪問者は、あなたのページに興味を示しているか?
SEO対策などを行って、集客数をアップさせても、訪れた1ページ目だけを見て、
すぐに帰ってしまう訪問者が、通常のホームページでは、
平均約40%、多いところでは60~70%もいます。
さらに、訪問者をうまく誘導できていないと一人あたりの閲覧ページ数も2~4ページ程度です。
これでは、売上アップができないのも当然です。

LPOとは?

訪問者が、最初に訪れるページを、
「訪問者が着地するページ」という意味で、ランディングページ(landing pages=LP)と呼びます。
このランディングページを、途中で離脱しないように工夫して、
目的とする情報を簡単に入手出来るようにしたり、
問合せ、商品購入など、何らかのアクションをしたりする割合(コンバージョン)を高めることが、
売上につながります。
これをランディングページ最適化(Landing Page Optimization)、略して「LPO」と呼びます。

どうしたら、離脱をおさえ、契約率を高められるのか

ランディングページが訪問者の課題、目的に合っていない情報であれば、
訪問者はホームページから離脱します。

1.訪問者が求めている情報を、
2.分かりやすく伝えたい順序で、
3.わかりやすい画像で伝えるページを作ります。

例えば...

 

このように、画像をふんだんに使い、直感的に伝わるデザインして、
1ページ完結型で、他に目をそらすことなく、伝えきることができます。

まずはキャッチコピーで第一印象で興味を引き、分かりやすくメリットを伝えます。
そして、根拠や裏付けの順で伝えることで
訪問者が途中で読むのをやめにくいページを制作することで、
訪問者の不安・課題を、信頼・納得に変えることができます。
これで、成約率を格段にアップさせることができます。